子育てのお悩み

少子化問題

日本の少子化問題は、第二次ベビーブームの終わった後、1970年の半ばから続き、未だ効果的な対策を打てずにいます。
では、この少子化問題の原因とはどこにあるのでしょうか?

 

少子化問題というと必ず「出生率」という言葉が出てきます。これは、1人の女性が生涯に何人の子供を産むかという割合を数字にしたものです。
高度成長期の頃の出生率は3を超えていました。平均1人の女性が3人以上の子供を産んでいたということです。
しかし、2005年には、この出生率が1.26にまで落ち込みました。2012年には1.41まで回復していますが、人口が維持できる出生率は2.08なので日本の人口は減っていく傾向にあるということです。

 

ちなみに、現在の日本の人口、およそ1億2000万人ですが2055年には9000万人を下る可能性があるといわれています。

 

このように出生率が減少していったのにはいくつかの原因があります。

 

1.働く女性が増えたことによる晩婚化  

  仕事をしながら子育てをする環境が整っておらず女性の晩婚化が進み、少子化の原因となっています。
  最近のデーターでは、初婚の平均年齢は夫30.8歳、妻29.2歳です。
  初産の平均年齢は30.3歳と過去最高を更新し続けています。

 

2.核家族化による少子化

  昔は、ひとつ屋根の下におじいちゃん、おばぁちゃんもいっしょに住んでいた家庭が多かったわけですが、現在では核家族化が増え3人、4人の子供を育てることが難しくなってくるのです。

 

3.子育てに対する金銭的負担増

  最近のデータでは、幼稚園から大学までの教育費は約1400万円〜2000万円ほどかかるといわれます。
  単純計算でふたりいれば、その倍ですから子育てにかかる経済的負担が大きすぎます。

 

4.価値観の変化

  女性にとって結婚をして子供を持つことが幸せと思える人も多いい一方で、自由や気軽さを望む傾向の強い人も増えてきています。

 

 


子育てに対する期待と不安

這えば立て、立てば歩めの親心、と、こどもの成長を期待しながら子育てを奮闘中のママが多数おられる一方で、子育てにお悩みを抱えておられている方も少なくありません。

 

昔の子育ては地域で家庭で子育てしたものが、核家族化になり、更に地域性(ご近所付き合い)が希薄になったことからママ一人への負担が多くなったことも考えられます。
トップページ

乳児の子育てのお悩み

育児は基本的に大変です。

一人でやろうとするととてもキツい!だから周りの人に頼りながら子育てをしましょう。
パートナーや親戚、頼れるなら近所の人でもOKですし、家事代行サービスも1案です
身近にいなければ、行政の人、保健師さんや病院のスタッフ、相談員さんなどにも相談しましょう。

 

頼るのは人だけじゃありません。母乳の出が悪ければミルクでいいし、ご飯作るのが大変ならレトルトでもいいです。
掃除や洗濯なども代行業者やヘルパーさんに頼ることがあってもいいのです。
一人じゃなくいろいろ工夫して、みんなで子育てをしましょう。

 

そして、悩んでいるのはあなただけではありません。多くのヒトが同じ悩みを抱えています。
そんな先輩方の苦労話なども参考にされてはいかがですか!

 

 

第1位 
寝ない赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の3分の2は眠りです。お腹の中にいる胎児の時間は、1日が25時間と言われ、その1時間の差を、生まれた後から調節していくのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、体内時計がうまく働いていないので、昼夜の区別がなく、昼夜逆転の赤ちゃんもいます。

 

また、赤ちゃんは1回に飲むおっぱいやミルクの量も少ないので、目覚めるとお腹が空いて泣くことがほとんどです。

 

赤ちゃんの睡眠欲求も個人差があり、寝ないからといって病気になる訳でもありません。よく寝る赤ちゃんもいれば、眠りが浅い赤ちゃんもいて、これも個性の一つと言えます。

 

少しでも寝て欲しいときには、毎日の赤ちゃんの生活習慣を見直してみましょう。

 

1.おむつ替えのときに足を動かしてみましょう。
2.昼間のお風呂を夜にしてみましょう。
3.お部屋の風を入れ替えてみたり、冬場でなければベランダに出て風に当たってみたりしましょう。
4.夜寝るときは少し長めにおっぱいをあげるか、ミルクの量を20mlほど多めに足してみましょう。
5.手がわなわなするモロー反射が強い場合は、布(スワドルミー)やバスタオルで上肢を軽く巻いてあげると落ち着きます。
6.特に夕方〜夜にかけて寝ていると深夜は寝ない事が多いのでこの時間帯は起こしてあげるとよいですね。

 

第2位
授乳に関するお悩み

ゆっくりとわかってくる授乳のコツ

 

焦らずゆっくりペースをつかみましょう
母乳育児をはじめようと思っても、始めは上手に授乳できないかもしれませんね。まずは赤ちゃんに母乳をたくさん吸わせましょう。
赤ちゃんが吸う刺激が乳腺に伝わると、お母さんのホルモンが刺激され、だんだんおっぱいが出るようになります。

 

何度も授乳をしていると、少しずつお母さんと赤ちゃんのペースにあった授乳のやり方がわかってくるはず。
はじめのころは母乳の出が悪く、赤ちゃんも吸い方が下手なので、適切な授乳姿勢で、赤ちゃんに乳頭、乳輪部を深く含ませることが大切です。

 

焦らずゆっくりお互いのペースをつかんでいきたいですね。母乳の出はストレスが大きく関わりますので、深く考えすぎず、いろいろな抱き方を試してみましょう。

 

母乳を使った育児は、最も健康的で最も自然な方法で、授乳の時間が母子両方にとっての楽しみとなります。

 

母乳育児は、赤ちゃんにとって最も健康的で最も自然な方法です。

 

お母さんが自分が産んだ赤ちゃんのために生成する母乳には、抗体とタンパク質がたくさん配合されています。

 

乳房にしこりができたら
母乳の分泌と赤ちゃんが吸うペースが合わなくなってしまったり、同じ飲ませ方を続けたりしていると、乳腺がつまって、乳房(おっぱい)にしこりができる場合があります。

 

そのような時は、軽く外側からなでるようにしたり、抱き方を変えたりしてみましょう。授乳時の姿勢、抱き方をマスターすればおっぱいトラブルも回避できる場合があります。

 

抱き方にも工夫が必要
同じ抱き方を続けていると、乳頭が切れたり、乳房にしこりができたりする場合があります。横抱きだけでなく、縦抱きやラグビー抱きなど、いろいろな抱き方で授乳ができるように工夫しましょう。

 

【第3位】
おむつ交換に関するお悩み

一日に何回もしなければならないおむつ替え。毎日のことだからこそ、悩み事があると気持ちが滅入ってしまいますよね。
特に、新生児のうちは肌も弱く、うんちの回数も多いのでかぶれやすいようです。

 

おむつ交換のタイミングをつかむコツ

 

・授乳や食事の前後など生活の区切りには、おむつをチェック。
また、おむつ替えの難しいお出かけの前後も、おむつチェックのポイントのようです。
・赤ちゃんに何らかの変化があるとき
泣いたり、足をばたつかせたり。そんな赤ちゃんからのサインを、ママ達は敏感に察知してあげているようです。
・おむつをチェックする
布おむつのママは、濡れたらすぐ変える人が多いようです。
一方、紙おむつだと、吸収力がいいので、おむつをつまんでゼリー状になったら替えるとか、嗅いでみて臭ったら替えるなどコツをつかみましょう!

 

その他

・泣きやまない!抱っこ癖が心配なママへ!抱き癖が付いたらごうしよう!?
・育児ストレス・イライラ感を軽減する方法は?

 

そのほかにも、お悩みの種は尽きないでしょうが、そろそろ木枯らしのニュースも見受けられます。

 

寒い季節には、※敏感なお肌の赤ちゃんは何かとトラブルが付きもので、正しいケアをしてくださいね!

 

 

新人類が誕生して約20万年といわれており、その長い歴史の中で延々と続けられてきた、子育てです。
あまり、悩まずにあせらずゆったりと気持ちで育ててあげてくださいね!
トップページ

幼児の子育てのお悩み

子育てお悩みベスト5

 

子育ての悩み、第一位は? 

「子育て中にイライラする」というお悩みでした! どんなときにイライイラするでしょうか?
・多くの方は子供が言う事を聞かない時
・理不尽な要求をする時
・わがままを言って大声で泣く時
・親に対する言葉づかいが悪い時
・時間が無い、余裕がない、体調が悪い時に「のろのろぐずぐず」している時。

 

などなど様々です

 

子育ての悩み、第二位は?

次に多いお悩みは「上の子がかわいくない」です。

 

実は、これって本当に深刻で、下の子が生まれるまでは、これ以上かわいがる事はないだろう、と思っていたぐらい、かわいがっていた上の子なのに、下の子が生まれてから、なぜか上の子は邪魔にさえ感じてしまう、と言われる方が沢山いらっしゃいます。
その結果、上の子をいじめるかのように過剰に叱ってしまったり、明らかに差がある対応をしてしまう・・・
とお悩みなんですね。

 

子育ての悩み、第三位は?

第三位は「ママ友と上手に付き合えない」です。
ママ友は、お母さんの世界ではとても大きな影響を持っていて、子供どうしの遊びや、誕生日会、一緒にイベントに参加して・・・
など、仲の良いママ友がいたり、グループの中に入っていると、子供達も楽しそうだし、メリットは多いし・・・
ママ友と上手に付きい合いたい、とお考えのお母さんは、とても多いです。

 

でも既存のママ友グループに入るのはなかなか難しいし、入っていても、居心地が悪かったり、なんだか楽しくない。

 

そんな経験をしている方が「ママ友やママ友グループと、どうしたら上手に付き合えるのかな?」と悩んでいることが多いのですね。

 

しかし、ママ友と上手に付き合おうとする前に知っておくべきことがあります。
ママ友って、確かに同年代で、友達感覚を持ちやすく、又、いろんな情報交換・相談が出来たり、とても重宝な存在・・・
と思いがちではありますが、その実態は、子供を介した知り合い、というだけで、非常にあやうい間柄なのです。

 

中には、とても仲良く付き合っていた方に、手の平を返すように、簡単に裏切られたり、仲間外れにされる・・・
という事も頻繁に起きていて、一種社会問題になりつつもあります。

 

 

子育ての悩み、第四位は?

第四位ですが、これは「子供の癇癪」です。
デパートで、おもちゃを買ってくれ!と騒ぎ立てる・・・
そういう姿を見ることは少なくなったように思いますが、家庭内での癇癪や、いじけてふてくされたような態度は、まだまだ、どこの家庭でも起きているようです。

 

自分の思い通りにならなくて、大声で泣いたり喚いたりする・・・ 特に、おじいちゃんやおばあちゃんがいる時や、家族以外の人がいる時に限ってわがままを言いだして、癇癪を起す・・・というケースはきっと多くの方も、経験しているのではないかな?と思います。

 

でも、この「癇癪」もとても自然な姿で、子供の成長には避けて通れないものでもあるんですね。
というのは、乳幼児期、まだ子供が言葉をしゃべれない時、お母さんは、子供の泣き声で、オムツかな? ミルクが欲しいのかな?と判断し、願いを叶えてあげていました。

 

かつて自分がやって成功していた方法。そう「大声で泣き叫けぶこと」なんです。
ですから、親が「もうおしまい」や「だめだよ」「がまんしようね」「いけないよ」と、子供の要求にNOを言うと、それに反発し、大声で泣き叫び、要求をし、それでも叶わないと、次第にその声が大きくなり、アクションを伴い、癇癪にエスカレートしていくのです。
でも親が折れずに「ダメなものはダメ」と姿勢を貫き、子供の態度で親が変わる事が無い、と子供が分かれば、子供は必ず落ち着き泣くのをやめます。

 

その時、子供を褒めてほしいのです。 「自分で泣き止めて偉かったね」って。
そうやって褒めてもらう事で、子供は、「何でも自分の思い通りになる事ばかりじゃないんだな」と学びます。
そして我慢して褒められたことを「嬉しい」と感じます。
もちろん、1回や2回で、子供に「我慢」は身に付きません。
今までと同じように癇癪を起し、激しい要求をすることは、これからも何度も起きるでしょう。 ですが、その度に、親が「ダメなものはダメだよ」と、姿勢を崩さず、子供の態度に翻弄されず、子供の癇癪に負けずに自分の姿勢を貫き、子供が落ちついたところで必ず褒めてあげる。

 

その一連の作業を何度も何度も繰り返すことで、まず子供の癇癪の時間が短くなります。
そして、癇癪を起す頻度が減っていき、結果的に我慢をすることができるようになっていくのですね。

 

 

子育ての悩み、第五位は?

第五位、それは「兄弟(姉妹)げんか」です。

 

子育て中のお母さんにとって、子供たちがいがみ合ったり、お互いに罵り合ったり、喧嘩ばかりしている姿を見るのは、とても切ないものだと思います。

 

この「兄弟(姉妹)げんか」こそが、子供たちが自分自身を守る基礎となっていたり、将来的に、とても大事な学びでもあるんですね。

 

私たちは良くも悪くも動物で、強いものにはひれ伏し、弱い者には従えようとする本能があります。
特に幼少期にはこの傾向が強く、相手を見て、自分より強いか弱いか?を判断しています。
そして自分より強い相手だと思うと怒らせないように気を遣い、弱い相手だと思うと横柄な態度をします。
これを兄弟げんかで学んでいるのです。

 

決して、途中で間に入って仲裁をしたり、お兄ちゃんは年上だから我慢しなさい!と押さえつけないことです。

 

・下の子には「年上には叶わない」という年上を敬う気持ち(長幼の序)が生まれます
・上の子には「自分より弱いんだから守ってあげないと」というリーダーシップが芽生えます。
・もし親が介入や仲裁すれば、必要な時に自己主張が出来ず、自分では何も解決できない子にしてしまう。
・譲ってもらった下の子も「ワガママでいいんだ」と、間違った解釈をしてしまうかもしれません。

 

 

等々、お悩みを抱えられている、ママに少し※心の休息をお勧めします。
トップページ

小学生児童をお持ちの親の悩み

今回は、お子様が小学生になったばかりというママに向けて、低学年においてありがちな悩みについて課題を挙げてみます。

 

友達関係での悩み

 

親を介さない友達同士の付き合いがどんどん増えて行きます。

 

子供同士の約束事

「友達と遊ぶ約束をしてきた!」という子供が言ったら、社交的な行動の第1歩ですので、暖かく見守ってあげましょう。

 

但し、知らないところでの待ち合わせなどは、すれ違いなどが生じ場合は、「不安感」、「不信感」に陥りかねませんので、待ち合わせ場所はどちらかの家にするように教えてあげることが必要です。

 

どちらか一方の自宅が待ち合わせ場所なら、万が一遅れる場合や変更する場合など、確実に連絡が取れ、また親が見守ることができるので、各種トラブルが回避できます。

 

子供同士の些細な喧嘩

友達と気持ちが通じ合わない、些細な事で誤解する、等で喧嘩が生じても、その場には親も先生もいない事が多くなります。

 

当然のことながら、親は一方の子供の言い分を聞いて判断しないこと、両方の言い分を聞けば単なる誤解であることが多々あります。

 

双方の言い分を聞いて早期解決目指しましょう!

 

後々まで尾を引き、中学年・高学年へと続き“いじめ”に繋がる可能性が大きくなります。

 

勉強での悩み

宿題の悩みは、小学校入学後すぐに始まるかもしれません。

 

宿題をしたがらない場合

面倒、難しい、わからない、友達と遊びたい等の理由が挙げられます。
まずは、解決に向けて子供の気持ちを聞くことが先決です。

 

子供の気持ちを汲みつつ宿題をする時間の約束をするのも良いでしょう。

 

または、やらないまま学校へ行かせ、先生から注意を受けることで次第に宿題の意味を理解するという方法もひとつです。

 

難しいと感じている場合は、先生に相談するなり、親がわかりやすく教えるなりの対処が必要です。

 

勉強について行けない

学校の勉強は個人指導ではありませんので、理解しないまま先へ進むのも仕方がありません。

 

親は教科書と家庭学習、宿題をしている様子をしっかり見て、何が苦手かを把握しましょう。そのためにも、リビング学習が最適です。

 

楽しい気持ちが出来る事へ繋がる時期ですから、「出来ない」という気持ちを植え付ける前に、先生に相談しましょう。

 

そして必要なら習い事などを取り入れて、得意なことをもっと伸ばし、苦手なことを多少なりとも克服することも大事ではないでしょうか。

 

運動神経が悪いのでは

他の子と比べて走るのが遅い、ボール投げが下手、鉄棒ができない……そんな我が子の姿を目にすると、ママとしては「うちの子、運動神経が悪いのでは……?」と心配になりますよね。
ヒトにも早稲と晩生があります。何事も要領よく直ぐにこなす子供と、習得の遅い子がいます。

 

多少なりとも早く改善したいなら、親が本気を出し、一緒に目標を持ち、具体的な改善策にチャレンジすることです。

 

例えば、かけっこが遅い、早く走りたいなら、50m○○秒への目標を定め。
そのための具体策として腿を高く上げ、腕を大きく振る・・・を繰り返し走ることです。
「努力は必ず報われる、決して裏切らない」必ず改善できるはずです。

 

また、身長に関する悩みも少なくありません。
自分の子供の背丈の低いのは遺伝子のせいだとあきらめず、多少なりとも身長が伸びる努力して将来安定した生活がおくれるようにしてあげるのが、親としての務めかも……。

 

子供の心についての悩み

小学生と言っても、まだまだ甘えさせる事も一部必要であり、甘えを受け止めてもらえた子供ほど、しっかり自立していきます。

 

口答えへの対処

子供がイライラして口答えをすることは多々発生します。
これも自己表現なので、叱り付けずにじっくり聞いてあげて、何が不満なのかを聞いてあげましょう。
子供は自分の言動にハッと気づいて、興奮した感情を落ち着かせて考える事が出来ると思います。

 

パソコン・スマホ・携帯についての悩み

現代社会の中で裂けては通れない悩みですね。
どれも便利なツールですから、使用する事に問題はないと思います。
ただ、子供に預けっぱなしは非常に良くありません。

 

何に使用しているのかを把握するために、しっかりフィルタリングをかけた上で、リビング等、親のいる前でだけの使用に留めることが大切です。

 

成長する子供の悩み

子供が生まれてからの悩み事は、母乳や離乳食から始まり、躾や友達作りへと発展、小学生になると精神的な悩みが大きくなります。

 

子供の悩み事も、心身ともに成長して行くものですから、親も一緒に成長しなければなりません。

 

周囲の協力を得る

小さな頃の悩みは、本やネットで調べて解決の糸口を見つけることが出来る場合が多くありました。

 

しかし、精神的悩みは、親だけで解決するのは難しくなってきます。

 

基本は家庭にありますが、家庭外でのトラブルも次第に増えますし、何より子供自身が親に何でも話さなくなってきます。

 

学校の先生や、周囲の親、児童館の先生等、周囲の大勢の人たちに見守られて子供は育ちます。困った時は素直に周囲の協力を得て、社会全体に子供を育てて頂くという気持ちで子育てに取り組みましょう。
トップページ

 
 

 
子育ての期待と不安 乳児の悩み 幼児の悩み 小学生児童の悩み