赤ちゃんのお肌

赤ちゃんのお肌

冬に起こりやすい赤ちゃんのカサカサ乾燥肌の対策!

 

空気が乾燥してくると気になるのが赤ちゃんのカサカサ肌です。

 

うちの孫も冬になると、カサカサの真っ赤なほっぺになってしまい、赤ちゃんの肌はすべすべ肌と思っていたので、とても心配した経験があります。

 

そこで、これから冬を迎えるこの季節に乾燥から赤ちゃんの肌を守るための対策をすることにします。

 

実は赤ちゃんの肌はママより乾燥しやすいのです!

 

赤ちゃんの肌が水分・皮脂共にうるおいたっぷりなのは新生児期のみで、生後2ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌の皮脂量は大人の1/2以下になり、水分量は大人の2/3になると言われています。

 

つまり、赤ちゃんはママよりずっと乾燥した状態の肌であるということです。
しかも、赤ちゃんは肌のバリア機能も未熟なため水分が蒸発しやすく乾燥肌になりがちです。

 

乾燥肌になると外界からの刺激に敏感になるため、肌も荒れやすくなり、その上、赤ちゃんはとても汗っかきで新陳代謝も活発なので、赤ちゃんにこそ適切な乾燥と保湿対策が必要なのです。

 

赤ちゃんの乾燥肌のお手入れケアは?

赤ちゃんといえば玉のようなすべすべ肌!と思っていましたが、たまにカサカサしたほっぺの赤ちゃんを見かけます。

 

どうしてなんだろう?ママのケアが何かよくなかったのか?と、思ったりします。

 

ご注意することをまとめてみます。

 

@皮膚を清潔に保つ

これは、皮膚科の先生にまずママに指導される重要な事項です。
赤ちゃんの肌の乾燥がひどくなるとお風呂でごしごし洗いすぎているのかもしれない・・不安なママです。
でも、その心配によって汚れを落とし切れていないとしたらそれがまた皮膚のトラブルの原因になってしまうと言われたのです。

 

まずは、汚れをきちんと落とし、皮膚を清潔に保つこと。これが重要になってきます。
だからといって洗う時に強くこするのはもちろんNG!赤ちゃんの肌は大人の皮膚の半分の厚さしかないと言われており、とてもデリケートなのです。

 

赤ちゃん用の低刺激のせっけん等をたっぷりと泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。
今は、泡ででてくるタイプのボディーソープもありますよね。これなら泡で優しく汚れを包んで落とせますし、赤ちゃんを片手にせっけんを泡立てる必要がないので便利だと思います!

 

後ほど、おすすめの泡で出てくるボディーソープのご紹介もしますので興味がある方はそちらもどうぞ!

 

また、食事の時などは顔や手が汚れがちです。そんなときは濡らしたタオルなどでやさしく拭きとります。
汚れや食べかすなどは、乾燥で弱っている肌にとってかぶれる原因にもなりますからこまめにチェックしてあげましょう。

 

Aお風呂上りは、すぐさま保湿

お風呂から上がったら柔らかいタオルで赤ちゃんを拭いてあげますよね。

 

そうしたら、すぐさま保湿する!乾燥肌には、これが大切です。

 

入浴後10分を過ぎると、肌の水分量は急激に低下するそうですから、肌に水分がまだ十分に残っている内に保湿して、水分を肌にとどめておくことが大事になってきます。『目安は5分以内。』

 

赤ちゃん用の低刺激なローションやクリームなどを全身に塗ります。
乾燥しやすいほっぺを含む顔はもちろん、耳の裏や首、しわの奥まで丁寧に塗りましょう。

 

一見乾燥していないように見える身体も塗ることが大事です。脇の下や指の間も忘れずに。乳液タイプのものが良く伸びて塗りやすいです。

 

これに加えて、カサカサがひどい時は保湿力の高いクリームなどを上から重ねて塗るといいと思います。
また、ローションやクリームは私もいろいろ試しましたが自分の子に合う!合わない!があると思いますので一概にこれがいいとは言えません。

 

合成界面活性剤などが気になる方はオーガニックの物などもおすすめですし、小児科や皮膚科でもローションなどをもらうことができます。

 

他にも、馬油やワセリンなども評判がいいです。ただし、ローションやクリームを塗っても乾燥が治らない場合は、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

 

うちの子も小児科で処方してもらったものを塗っても治らず、結局は皮膚科にかかり、アトピー性皮膚炎だと言われました。

 

他の子よりも肌のバリア機能が低い体質で、そのせいで皮膚の乾燥が進んでいることが原因でした。
アトピーの場合、肌荒れの他に肘や膝の裏、首の付け根など柔らかく伸び縮みが激しいところに発疹ができることが多いようです。

 

もし、ただの乾燥だけでなく発疹などを伴う肌荒れがあるようなら、皮膚科の受診をおすすめします。

 

B肌触りのいい衣類を

乾燥によって、外部の刺激に敏感になっている赤ちゃんの肌にはコットンなど肌触りのいい衣類がおすすめです。また、汗を良く吸収することも大事です。

 

汗をかいたままだと雑菌が繁殖しやすいのでこまめに汗をシャワーなどで流したり、衣類を替えたりして肌の清潔を保ってください。
シャワーの後は面倒かもしれませんがその都度、保湿してあげるのが原則です。

 

C湿度に気をつけて

肌の清潔を保つことや保湿、衣類などの他に環境を整えてあげることも乾燥肌から赤ちゃんを守ることにつながります。
特に、室内の環境は赤ちゃんが大部分を過ごす場所となりますからお肌にとって快適であるように乾燥しすぎに注意しましょう。

 

湿度が50%以上となるように加湿器などでうまく調節できるといいですね。

 

無添加!赤ちゃんに優しい!イチオシのベビーソープやローションなどを適切にご使用ください♪

 


赤ちゃんのお肌記事一覧

無添加ベビーソープ【Dolci Bolle】

株式会社SANSHINデリケートな赤ちゃんのための無添加ベビーソープ【Dolci Bolle】デリケートな赤ちゃんの お肌に優しい無添加ベビーソープ! 『無香料、無着色、鉱物油無添加、バラペン無添加、旧表示成分無添加、アルコール・エタノール無添加、石油系海面活性剤無添加、ノンシリコーン』頭からカラ...

≫続きを読む

 

赤ちゃん用泡ソープ【リセラベビー】

ドクターリセラドクターリセラの赤ちゃん用泡ソープ【リセラベビー】赤ちゃん肌をやさしく包む。安心安全な泡ソープ。 赤ちゃん用スキンケアのリセラベビーを紹介します。・リセラベビーはお肌に不要な成分は一切使用せず、拘りに有用成分のみで作り上げたスキンケアです。・ママとお子様が笑顔で幸せになってもらえるよう...

≫続きを読む

 

お子様の肌トラブルに【潤静〜うるしず〜】

株式会社住建情報センターお子様の肌トラブルに【潤静〜うるしず〜】新発想の低刺激・高保湿ローション「ガサガサ」、「ゴアゴア」、「ムズムズ」のお肌が不安定な赤ちゃんから大人まで子供のかきむしり肌をどうにかしてあげたい!子供はどうしてこんなにデリケートなの?・皮膚が薄い・・・成長途中の皮膚はまだ薄いので、...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの肌トラブル対策【Dolci Bolle】

株式会社SANSHINデリケート肌に潤いを!乾燥による赤ちゃんの肌トラブル対策【Dolci Bolle】楽天市場でリアルタイムランキング1位を何度も獲得し、 レビュー評価も高いベビーソープのシリーズ第二弾として『ベビーローション』が誕生しました!!赤ちゃんは様々なトラブルに見舞われやすいのです!特に...

≫続きを読む

 

 
子育ての期待と不安 乳児の悩み 幼児の悩み 小学生児童の悩み